メタンハイドレートの国家間の争い

「メタンハイドレート」は、石油のように偏在しているわけではなく、世界に幅広く分布しています。メタンハイドレートの国家間の争いについて

海底に多く存在していることにより、排他的経済水域(EEZ)(※)の広さも重要になってきます。この海域の資源は、独占開発することができるからです。

日本は、みなさんもご存知の通り海に囲まれた国であり、日本の面積は38万平方kmで世界第60位ですが、 EEZ+領海の面積は447万平方kmで、世界第9位になっています。

中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題と、現在もお互いに領有権を主張し、国家間の問題となっています。

日本周辺に「メタンハイドレート」が多く存在することにより、隣国との経済水域の主張争いが激化する心配があるのです。

※ 排他的経済水域(EEZ)
自国の沿岸から200海里(約370km<1海里=1,852m>)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる。その代わりに、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。

このページの先頭へ