化石燃料

現在主流となっている燃料資源は、みなさんもよく知る、石油、天然ガスと、意外に思われるかもしれませんが、石炭です。

これらは「化石燃料」と呼ばれ、数億年前の動物や植物の死骸が地中深くに沈んで化石となり、長い時間をかけて熱で温められたり、力を加えられたりして、変化してできたものです。

産業の近代化に伴って、これら「化石燃料」は大量に消費され続けています。「化石燃料」は、無尽蔵にあるものではありません。これだけ「化石燃料」に頼る生活をしているのに、そう遠くない将来に不足する、枯渇すると言われているのです。

また、「化石燃料」を燃やすことによって、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出の問題、大気汚染による酸性雨や呼吸器疾患などの公害を引き起こすなど、環境破壊の問題についても、よく耳にしますね。

現在主流の燃料資源では、抱える問題も多く、新たなエネルギー転換を考えなければならない時代を迎えたのです。


このページの先頭へ