メタンハイドレートの埋蔵量

未来のエネルギーとして期待されている「メタンハイドレート」は、どのくらいの量が、どの辺りに存在しているのでしょうか?

世界の「メタンハイドレート」は、陸域で数十兆立方メートル、海域で数千兆立方メートル。これは、世界天然ガス確認埋蔵量(145兆立方メートル)の10倍。天然ガス、原油、石炭の総埋蔵量の2倍以上といわれています。

さらに、日本周辺の南海トラフ(東海地方沖から宮崎県沖)北側に4200億~4兆2000億立方メートル。地質調査所の調査では、南海トラフ、北海道周辺海域に、6兆立方メートルが存在すると言われています。これは、日本の天然ガス使用量の100年分に匹敵する量なのです。

つまり、日本近海は、世界最大の「メタンハイドレート」量を誇っているのです。日本は世界最大のエネルギー資源大国になる可能性を持っているです。


このページの先頭へ