メタンハイドレートって何?

近年、海底下の地層中に封じ込められた「メタンハイドレート」という資源に注目が集まっています。「メタンハイドレート」は、メタンなどの天然ガスが水と結合してできた、固体の結晶のことで、天然ガスの一種です。

聞きなれないので難しそうな物質かと思われるかもしれませんが、「メタンハイドレート」は、見た目は氷に似ていて、火を近づけると燃える性質があり“燃える氷”ともいわれています。そして、燃えた後には水しか残らないという、とても不思議な物質です。

この「メタンハイドレート」が、現在主に使用している化石燃料に変わり未来のエネルギーとして期待できると言われ、盛んに研究され注目されています。

どのようにして見つけられたのか、どのような性質の燃料資源なのか、詳しく見ていきましょう。


このページの先頭へ